花咲ガニの食べ方|かに通販オススメ

花咲ガニの美味しい調理と食べ方について

花咲ガニの調理画像

甲羅がハートの形をしているブランドの花咲ガニって甘みがって美味しいですよね! でも、花咲ガニのその形からむくのが大変そう・・・と思っている人も多いと思います。

そこで今回は美味しい花咲ガニの調理と食べ方についてご紹介します。

調理のコツを知っていれば、花咲ガニをむくのはそんなに難しくはありません。 ここでは花咲ガニの食べ方のポイントをご紹介します。 花咲ガニのさばき方を知って、美味しく花咲ガニを食べましょう!

花咲ガニをむくのはそんなに難しくはありません!と書きましたが、花咲ガニを上手にむく作業は二つだけ! 1に花咲ガニの解体と2に花咲ガニの身を取り出すだけです。

花咲ガニを美味しく食べるために用意するものが下記。
・キッチンハサミ(もしくは包丁)
・軍手(新聞紙やお皿)

まずは花咲ガニをひっくり返してお腹の部分を上にします。 花咲ガニの殻が柔らかい関節の部分にハサミや包丁を入れ切り離します。

次に三角形になっているところが花咲ガニのふんどし(前かけ)です。 ふんどし(前かけ)親指を入れて取り外します。 オレンジ色の卵があればそれは外子と呼ばれるもので、メスの花咲ガニに付いています。もちろん外子も美味しく食べられます。 また、ふんどし(前かけ)には内子と外子があって、甲羅の部分にはみそと一緒に内子が入っている場合があります。この内子と外子も食べられます。 ちなみに内子と外子はご飯のおかずやお酒のお共にぴったりの珍味なんです。

解体が終われば身を取り出すだけで美味しく花咲ガニが食べれます。

花咲ガニの身の取り出し方は、毛が少なく柔らかい平らな部分の足下の部分から少しずつハサミを入れていきます。 反対側も同じように切ります。花咲ガニの足の細い部分も同様に切り開いてください。

花咲ガニの殻がキレイにはがれたら、中から花咲ガニの身を取り出して食べれます。 花咲ガニの胴は2つに分けると良いでしょう。 花咲ガニの胴のさばき方は、ハサミで少しずつチョキチョキと切って真ん中から2つにします。 次に足の付け根からハサミを入れて、花咲ガニの足一つ一つから身を取り出すことが簡単に出来ます。

以上、花咲ガニの美味しい調理と食べ方です。 花咲ガニの身は、カニみそと絡めて食べても美味しいです。ご家庭で簡単に調理ができますのでぜひ試してみて下さい。